読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 報知杯弥生賞 予想

主役不在の弥生賞

◎コマノインパルス

◯グローブシアター

▲カデナ

△ベストアプローチ

△テーオーフォルテ

カデナが人気を集めそうなレース。確かに京都2歳の内容は良かったが、相手関係から言ってあそこは楽な競馬だったのではないかと疑ってしまう。

今回コマノインパルスを本命にした理由は、レイデオロを物差しにして考えた時に、一番近い馬は?ということでコマノインパルスが浮上した。同様の理由でグローブシアターが対抗である。しかし、弥生賞なのにこれだけ馬が集まらないのも珍しい。スプリングSのメンツを見ながら、今年の皐月賞を占うことにしよう。

武豊騎手のお手馬はいるのか?デムーロ騎手は何に乗るのか?その辺りが気になるクラシックになりそうだ。クラシックでは乗り替わりがきついので、今のうちにお手馬を確保しておかなければ行けないだろう。

今年の一番星はブレスジャーニーだと思っているのだが、早く次走が見たいところである。

2017年 チューリップ賞 予想

ソウルスターリング始動

ソウルスターリング

リスグラシュー

▲アロンザモナ

△ミリッサ

今年のクラシック牝馬は結構硬いと思っている。それにメンバーも揃っているし、昨年の牡馬ぐらいレベルは高いのでは?と考えている。ここには駒を進めていないが、ミスエルテもいるし、3強4強といった形で力関係が形成されていくかもしれない。

ここでは、もちろんソウルスターリングが中心だが、体重の増減が気になるところ。また、藤沢厩舎はクラシックにめっぽう弱いというジンクスも抱えているので、ここを勝っても油断はできないだろう。

ここ数年はこのレースをステップにした桜花賞馬は多い。しかし、このレースの勝ち馬が桜花賞馬になることは少ない。ブエナビスタハープスターはそのまま連勝したが、あとは2着3着に来た馬が、桜花賞を勝つ可能性が高いことを覚えておこう。

2017年 夕刊フジ賞オーシャンステークス 予想

戦極める短距離戦線

ブレイブスマッシュ

◯ウインムート

▲ナックビーナス

△メラグラーナ

スノードラゴン

先週はシュウジが惨敗。買ったのは7歳馬トーキングドラムだった。人気を集めていたロサギガンティアシュウジよりも下の9着。一番人気がなかったナガラオリオンが3着に食い込むのだから、何があるかわからない。

今回も予想としては、4歳馬から考えてみたが、正直どの馬が好走するのか検討もつかないと言った塩梅である。

今年の短距離戦線とダート戦線は主役がコロコロ変わるので、注意深く予想していきたいものだ。できれば若い馬の方が活躍してほしいという気持ちはある。だって9歳馬のスノードラゴンとかがこれからも主役ですと言われても、あまり嬉しくはないだろう。種牡馬としての活躍も見込めないのだから。

2017年 阪急杯 予想

幸四郎騎手最後の重賞

シュウジ

ロサギガンティア

▲ヒルノデイバロー

△ダイシンサンダー

カオスモス

シュウジ以外は本当に如何ともしがたいメンバーが揃った重賞である。

こういうレースほど荒れるし、シュウジも飲み込まれる可能性が高い。ロサギガンティアなどは人気を集めそうだが、上位に食い込めるかどうかはわからない。

実際に買うなら少額で大穴を狙う方が、レースとして面白いかもしれない。

シュウジから人気薄に流すのもいいだろう。

2017年 中山記念 予想

G1馬大集結

先ずは予想から

◎ツクバアズマオー

ネオリアリズム

リアルスティール

マイネルミラノ

△アンビシャス

 

中山得意なツクバアズマオーから書いたい。金杯でも完勝だったし、昨年末からの強さは本物だ。

対抗馬はネオリアリズム札幌記念以降は勝利から遠ざかっているが各レースにて善戦はしている。

リアルスティールは強いと思うが、今回は単穴とした。天皇賞秋での2着が光るが、今回はどうか?あっさり勝つことも考えられる。

抑えには逃げが決まれば強いマイネルミラノ。この馬は一度抜かれると一気に下がるので、どこまで持つかが勝負の分かれ目。

実績上位のアンビシャスも抑えておきたい。

2017年 アーリントンカップ 予想

3歳マイル戦!

先ずは予想から

◎ミラアイストーン

◯ディバインコード

ペルシアンナイト

△キョウヘイ

ジョーストリクトリ

 

幸四郎騎手騎乗のミラアイストーンを本命に持って来た。もちろん記念的な意味もあるが、馬が弱いわけではないので、自信を持って本命に指名した。

複勝を買うなら、ディバインコードの方が安定しているので、こちらを推したい。

ペルシアンナイトは、前走を見ればわかるように決め手に欠けるところがあるので単穴までだろう。

キョウヘイの前走は馬場に助けられた影響もあるだろうが、今回も末脚にかける乗り方をするだろう。

2017年 京都牝馬ステークス 回顧

2017年 京都牝馬ステークスの結果

1着 レッツゴードンキ

2着 ワンスインナムーン

3着 スナッチマインド

という結果になった。

レッツゴードンキ 1着
◯フィドゥーシア 18着
▲ムーンエクスプレス 5着
△エスティタート 4着
アルビアーノ 17着

■収支発表

複勝 10,000円購入 +15,000円
 +5,000円
 TOTAL:-87,000円

三連単 3,000円購入 払戻なし
 -3,000円
 TOTAL:-4,000円

■総評

レッツゴードンキの復活Vという結果。外からまくっての勝利で完勝と言っていい内容だったと思う。ムーンライトエクスプレスは内側から先行して残って5着なので悲観する内容ではないと感じた。あの荒れた馬場で内をつかざるを得なかったので、残念だったが、良馬場ならばもしかしたら、もっと上位に食いこめたかもしれないと思う。

次はどこを使うか気になるが、次も追いかけたくなるような内容だった。