読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 大阪杯 予想

今年からG1に昇格したレース

キタサンブラック

サトノクラウン

▲アンビシャス

ヤマカツエース

マルターズアポジー

今年に入ってからの前哨戦を挟まず直行してきたキタサンブラックがどう走るかがポイント。よく叩き3戦目がポイントというが、大阪杯は今まで天皇賞・春の前哨戦として扱われていたレースなので、今回G1に昇格したからといって、急にローテーションを変える必要がなかったのだろう。あえていうなら、このレースは「まだ天皇賞の前哨戦」という扱いに過ぎないということである。

来年以降は変わってくると思うが、今年まではそういう目で見た方が良いだろう。そこまで考えてあえて本命をキタサンブラックにした。有馬記念の競馬は厳しかったと思うが、逃げずとも先行できる脚、ブレない競馬展開さえあれば勝ちきれるメンバーだと考えている。

最大のライバルと見られたマカヒキだが、京都記念では脚が使えずに3着。サトノクラウンに敵わなかったのは仕方ないと思うが、スマートレイヤーにも届かなかったのは痛いし、ミッキーロケットよりも上がりを使えなかったのは厳しく写った。

対抗はサトノクラウンで問題ないだろう。香港ヴァーズの勝ちも見事だったが、京都記念でそれ以上に洗練された感じがする。

単穴はアンビシャス。昨年の覇者である。昨年の大阪杯は2着から6着までがG1馬という豪華な顔ぶれの中で、勝利したのだから、その能力は評価すべきである。

抑えとしては前哨戦をきっちり勝ってきたメンバーを加えた。配当は微妙だが、新設G1からどのようなドラマが生まれるのかを楽しみにしている。