読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 フェブラリーステークス 予想

今年初の中央G1

ダートの祭典フェブラリーステークス。今年はメンバーの強さが拮抗しているとも言われている。ここでは頭ひとつ抜けた馬がいないのだ。どの馬にもチャンスがあるといっても過言ではない。直近で、川崎記念が行われたが、ここで勝利したオールブラッシュは出走しておらず、2着だったサウンドトゥルーは出走を決めてきた。

かといってサウンドトゥルーも最強というわけではなく、アウォーディーとの差はあまりないし、アポロケンタッキーやそれこそオールブラッシュにも足元をすくわれることがある馬である。しかも今年は大野騎手が騎乗停止のため、柴田善臣騎手が乗ることになったのも、多少不安がある。同様にカフジテイクも福永騎手から津村騎手に乗り替わったことでのマイナスもあるだろう。

こうやって、マイナス材料をいろんな馬からどんどん引いていくと、結局今まで強かった馬というのが残ってくるので、それを軸に予想を組み立てていく。

本命は、ここ数走良いところなしのモーニンだが、ここはムーアが騎乗するということで、大幅に鞍上強化と見ても良いだろう。年内に一戦挟むかと思ったが、それもなかったので人気は落としている可能性は高いが、今回は狙い目だと考えている。理由としては群雄割拠の時こそ、実績馬なのに人気を落としているケースが見受けられるからだ。

対抗はコパノリッキーで行きたい。昨年は前に行けず中団からの競馬になりそのまま惨敗したが、今年は先行することが予想される。ちなみに昨年はコーリンベリーが飛ばした結果直線が非情に長く感じた。

単穴はホワイトフーガである。牡馬との混合レースでは未だに結果を残せていない馬だが、距離できにはマイルが一番会うはずだ。内枠に入ったことで、芝をあまり走らなくても住むのはプラスポイントだと思う。

抑えは今回3頭あげよう。まずはベストウォーリアである。前走でカフジテイクとの勝負付けが済んだと思ったら大間違いだ。2キロの斤量差で1馬身差での敗北。同じ斤量なら1馬身1キロの法則が正しいなら、1馬身分先に出ていることになる。

次にアスカノロマンである。この馬、人気を得ると負けて、人気がなくなると馬券圏内に突っ込んでくるという嫌な馬なので、今回人気を落としそうであれば、狙いたい一頭である。

最後にノンコノユメをあげよう。去勢のおかげで落ち着きが出たノンコノユメ、今まで2着が多く勝ちきれない善戦馬として名を馳せているが、ここでの勝負はどうなるか。実際はレースが終わるまでわからない指標である。

しかし、こういったレースでサウンドトゥルーとカフジテイクを予想に入れないところに自分の天邪鬼さを感じてしまうのだ。

2017年  フェブラリーステークス予想はこちら

◎モーニン
コパノリッキー
ホワイトフーガ
ベストウォーリア
アスカノロマン
ノンコノユメ

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■モーニン