読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 ダイヤモンドステークス 予想

もっとも距離の長い東京競馬場平地重賞

長距離は騎手で買え。が、まさに発動しそうな重賞であるが、最近は3,000m超えの重賞を勝利する騎手が定まらずに、なかなか予想も立てづらくなっている。今回乗る騎手の中でも、菊花賞を勝ったことがある騎手が5人もいるのだから長距離を騎手で買う時代は終わったのかもしれない。蛯名騎手(マンハッタンカフェ)、四位騎手(アサクサキングス)、酒井騎手(トーホウジャッカル)、川田騎手(ビッグウィーク)、北村騎手(キタサンブラック)、内田騎手(ゴールドシップオウケンブルースリ)、この辺りが菊花賞を勝っている騎手だが、どの騎手も実績のある高齢馬に乗せられており、何が勝つか分からないという状態。

とは言っても、本命はアルバート。これだけは揺るがないので、先に宣言しておこう。次にカフジプリンスが人気に上がりそうだが、正直ここでは微妙だと考えている。やはり長距離は馬自体の経験も加味しなければならない。ファタモルガーナはここでも面白い存在だが、左回りを考えるとジャングルクルーズが逆転しそうだ。

さらに、ラブラドライトも前走で良い競馬をしており、長距離を走れる馬の一頭であることに間違いはない。一昨年のこのレースの勝ち馬であるフェイムゲームあたりも、前走は強すぎるメンバーと当たっただけで、このメンツなら勝負できないわけではないだろう。

ということで、対抗はジャングルクルーズ、単穴をファタモルガーナとしよう。

抑えにラブラドライトと、藤田菜々子騎手が乗るサイモントルナーレを挙げておくことにする。ここでこの馬が好走すれば、とても面白いことになる。競馬はそう言ったことも加味しながら予想するから楽しいのだ。

2017年  ダイヤモンドステークス予想はこちら

アルバート
ジャングルクルーズ
▲ファタモルガーナ
ラブラドライト
△サイモントルナーレ

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■ジャングルクルーズ