読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 東京新聞杯 予想

ここがエアスピネルの試金石

京都金杯をハナ差しのいで勝利したエアスピネルのマイル2戦目。ここで勝利できるようなら、マイルでの道が開けてくる。かつてのハットトリックが歩んだ道と同じである。その後ハットトリックマイラーズカップでは惨敗したが、秋のマイルCSでG1馬となり、暮れの香港マイルでも勝利した。

ハットトリック香港マイル以降パッとしなかったが、エアスピネルはどうだろうか。春の大目標は安田記念になるだろうが、そこで通用した場合は、色気を出してモーリス路線を進む可能性も十分にあると考えている。

今回は少頭数の競馬なので、エアスピネルが本命であることには変わりない。しかし、ここで対抗馬をどうするかが一番悩みどころなのだ。

まずは4歳馬から取り上げていこう。一番対抗馬になりそうなのは、京都金杯エアスピネルの2着だったブラックスピネルだろう。斤量の差はあれども、あれだけ追い詰めて勝ちきれなかったので、今回は逆転したいところ。どこまで上積みがあるかがカギとなりそうだ。しかし、前回の斤量差が1.5キロ、今回は1キロ、屋根が福永騎手からデムーロ騎手に替わったことで、そのハンデからどこまで変わるかがポイントとなりそうだ。

次にロイカバードをあげよう。昨年はきさらぎ賞サトノダイヤモンドに負けてから、京都新聞杯白百合ステークスと結果を出せなかったが、その後、なんだかんだでマイルで2勝を挙げここに参戦してきた。主戦の武騎手がエアスピネルに騎乗するので、今回は横山騎手が手綱を取るが、横山騎手は型にはまった競馬をしないので、新しいロイカバードが見られるかもしれない。極端に言えば、大逃げなどかます可能性もあるということだ。予想に入れられるかどうかは微妙なところである。

その次はプロディガルサンが候補に上がるだろう。皐月賞は出られなかったが、ダービー、菊花賞と参戦し、2桁着順という結果に終わった。今回はマイルでどこまでやれるかを試すために参加したのだと推察している。なので、この馬も消した方が良いかもしれない。

最後にストーミーシーである。この馬は本当の意味でのダークホースで、走るのか走らないのか全く読めないというのが正直なところ。江田騎手が騎乗するところからも、外すのが怖い。

次に5歳馬以上の馬の中で、気になる馬を2頭あげるとすれば、重賞勝ち馬のヤングマンパワーと、マイル連勝中のマイネルアウラートの二頭である。

戸崎騎手なら負けなしのヤングマンパワー、もちろんマイル戦、東京競馬場、共に得意のフィールドなので、ここでは一歩抜けた存在になるのは間違いない。前走も敗因がはっきりしているので、今回戸崎騎手に戻ったし、頭数も少ないので、馬群を捌けないといったミスはありえないと考えている。

次にマイネルアウラート。ここ2走は人気薄ながらも勝利し、マイル戦2連勝という成績でこのレースに参戦。ここでは人気が高まることが予想される。この頭数だと逃げの一手で来るだろうが、どこで捕まるかによってこの馬自身の着順は大きく替わって来そうである。

2017年  東京新聞杯予想はこちら

エアスピネル
◯ブラックスピネル
ヤングマンパワー
△ストーミーシー
マイネルアウラート

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■エアスピネル(元返しも予想されるので、購入しないかも、、、)