読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 京成杯 予想

際立って強い馬が出ていない重賞

考えてみれば年末から皐月賞までの間、中山2,000mで行われる2歳馬ないし3歳馬限定の重賞が多すぎる気がする。ホープフルステークスに始まり、京成杯、そして弥生賞。最後に皐月賞である。このレースの中で一番本番に直結するのが弥生賞であり、それ以外の重賞では、全く活躍馬の排出がされていないというのが現状である。

しかも、ホープフルステークスからの間隔も短いので、馬が集まらない。または集まったとしても、賞金狙いの空き巣だらけ。ローテーションの関係上、本当に強い馬をこの時期にこの距離に持ってきたくないという陣営の思惑も透けて見えるのが毎年の傾向である。とは言っても今年はホープフルステークスからこちらに中2週で参加する馬も多いようであるが、いまいちぱっとしないというのが本音である。

この重賞に対する愚痴はこの辺にして、本題に入ることにする。前評判では前走葉牡丹賞にてレイデオロの2着に入ったコマノインパルスが人気を集めそうだが、離された3着馬アサギリジョーはそうでもなさそうな雰囲気である。

また、ホープフルステークスから、2着馬マイネルスフェーン、4着馬のベストリゾート、6着馬のメリオラが参戦。このローテーションでどんな競馬ができるかがポイントになるだろう。

本命はアダマンティン。前走何故か人気を落としたが、きっちり勝利し強さを証明してくれた。ここでも勝負になると踏んでいる。

対抗はマイネルスフェーン。鞍上が弱化しているから本命にするには至らなかった。前走2着、内があいたところを伸びての結果だが、外に回していたら届かなかっただろう。馬群にもよるし、後は柴田大知騎手の器用さによるところも大きそうだ。

単穴はベストリゾート。レイデオロが外から伸びて一緒に連れて上がって言った結果の4着。ここでも期待したい。

抑えには、ポポカテペトルとアサギリジョーを指名する。1勝馬の2頭も気になるのだが、ニシノアモーレに至っては間隔が空きすぎだし、サーベラージュはムーアから乗り替わりが気になる。買うとしても3着の紐というところだろうか。

2017年 京成杯 予想はこちら

◎アダマンティン
マイネルスフェーン
▲ベストリゾート
△ポポカテペトル
△アサギリジョー

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■アダマンティン

三連単勝負

◎を1着固定から、各種印流し