読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 愛知杯 予想

地方牝馬重賞

愛知杯の名の通り、中京競馬場で行われるローカル重賞の一つである。ローカル重賞ながら、なかなか強い馬も参戦することで有名であった。特に2004年に牝馬限定戦になってからは、ヘヴンリーロマンスリトルアマポーラなども参戦した重賞としても名前をはせていった。ディアデラノビアディアデラマドレの親子制覇などもあり、多少盛り上がる重賞の一つである。

しかし、愛知杯は出走時期が12月になったり6月になったり、コロコロ変わるところが玉に瑕。今や1月の重賞になってしまい。2015年は開催されないなど、よくわからないことになっている。

さて、今年のメンバーを見てみると、非常にしょぼいメンバーで溢れているというのが第一印象である。勝てそうな馬が1頭もいない。そんな中でも必ず勝ち馬っていうのが出てくるから、レースは面白い。

本命はプリメラアスール。エリザベス女王杯5着の馬で、その前までも善戦を繰り返していたところを評価している。やはり、負け癖がついている馬はどうしても買いづらい。本命にするならこの馬しかいないだろう。

対抗はクリノラホール。4歳馬で上がり馬だが、斤量の関係で見ても有利なのに間違いはない。

単穴はシャルール。クイーンカップ2着以降は全然ダメだが、昨年の今頃は調子が良かったので、復活に期待をしての単穴指名である。

抑えにはクインズミラーグロ。リーサルウエポン。リーサルウエポンは昨年の2着馬である。愛知杯の歴史を見てみると、同じ馬が2年連続で2着に入ったケースはここ10年で2回もあるのだから、3匹目のドジョウを狙ってもよいだろう。

2017年 愛知杯 予想はこちら

◎プリメラアスール
◯クリノラホール
▲シャルール
△クインズミラーグロ
△リーサルウエポン

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■プリメラアスール

三連単勝負

◎を1着固定から、各種印流し