読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 スポーツニッポン賞京都金杯 予想

年初め名物の金杯

東の金杯とは打って変わって、意外と荒れるのが京都金杯である。人気どころで決着したことは少なく、いつも伏兵が絡んだり、伏兵同士で決まったりすることが多いのが特徴的である。

今年は、エアスピネルが人気を集めそうだが、ここで勝利するのは本当に難しいと感じている。またブラックスピネルも出走することで、4歳馬スピネル対決などと囃し立てられてもいるようだ。

今回は4歳馬が多く出走しており、前回チャレンジカップを勝利したマイネルハニーなど、手をつけたい馬がたくさんいるので、軸だけしっかりして手広く流した方が良い結果を収めると思っている。折角の金杯当てたいなら、硬さを求めずに柔軟に考える方が良いだろう。

本命はエアスピネルをあげよう。マイル戦の戦績は2勝2着1回と底を見せていない。しかしこれは、2歳時の成績である。3歳になってからはクラシックにむかい、名だたる強豪馬と互角の戦いをしてきた。しかし、ダービーの頃からは本質的にマイラーと称され、マイル戦戦への参加を促されてきた。しかし、その逆境にも耐え、菊花賞で3着という成績を残したところはこの馬の強さあってのことだと考えられる。

対抗にはルメール騎手が騎乗するガリバルディをあげたい。大外は不利だが、昨年はマイル戦線で活躍。G1で通用するレベルではないが、ルメール騎手が乗ることに意義がある。ここは難なくクリアして欲しいところだ。

単穴には4歳馬ダンツプリウスをあげよう。正直、マイネルハニーやブラックスピネルと迷った。結果的に馬の好き嫌いで選ぶことにした。

抑えには、こちらも3頭、前走人気薄ながらも2着にきたテイエムイナズマで二匹目のドジョウを狙う。また、4歳馬のブラックスピネルもここでの好走を期待して買いたい。この馬は2,000mがベストだと思う。あとは、大穴としてムーンクレストをあげよう。

昨年の末、3歳馬には期待していない。と散々いったが、今年もそこまで信用しているわけではない。しかし、ここで勝利するような結果になれば、一気に新4歳馬のレベルは高かったという証明にはなりそうである。

3歳戦だけを見ての「ハイレベル3歳馬」というのは幻想である。古馬とぶつかり合って結果を残してこそ、本当の「ハイレベル世代」だという証明ができるはず。ここが試金石になるだろう。

2017年 スポーツニッポン京都金杯 予想はこちら

エアスピネル
ガリバルディ
ダンツプリウス
テイエムイナズマ
△ブラックスピネル
△ムーンクレスト

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■エアスピネル

三連単勝負

◎を1着固定から、各種印流し

※今年から、複勝での収支と三連単での収支を分けて計算します。