読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 日刊スポーツ賞中山金杯 予想

今年初の重賞

一年の計は元旦にあり、もとい、一年の計は金杯にあり。ということで、今年も真面目に予想を続けて行きます。

中山2,000mから始まる今年の重賞だが、中山開催は12月25日に終わったばかり、まだ芝は荒れていると言っても過言ではない。となると、ある程度この馬場で走り慣れている馬や、先行できる馬にどうしても注目したくなる。

金杯ハンデ戦としても有名だが、最重量の馬は好走しているところには注目をして行きたい。逆に最軽量の馬は全く活躍しておらず、予想としては割引が必要である。昨年の覇者ヤマカツエース有馬記念に出走し4着という成績を残すぐらい出世したし、一昨年の覇者ラブリーデイに至っては、そこから京都記念鳴尾記念宝塚記念京都大賞典天皇賞・秋と年間重賞6勝を挙げるに至ったので、出世レースといっても過言ではない。

今年のトップハンデはクラリティスカイ。一昨年NHKマイルカップを勝利したG1馬だが、その後の成績は鳴かず飛ばず。しかし、ここ数走、田辺騎手に手綱が変わり、2,000mに戦場を移してからは、勝利こそないものの、徐々に戦績をあげているところに注目をしたい。

本命は昨年、同じ距離同じコースで勝利をしているツクバアズマオーを挙げよう。ディセンバーステークスは完勝で、内容も全く悪くない。別定だった前走と変わらずハンデにも恵まれているので、ここは負けないで突破してほしい。

対抗は先ほども挙げたクラリティスカイである。田辺騎手に手綱が移った影響もあるので、ここは復調に期待したい。

単穴は、2歳時に注目を集めたドレッドノータスをあげよう。アンドロメダステークスでは2着に入ったが、その次のベテルギウスステークスではチグハグな競馬をして惨敗。成績にムラがあるところが玉に瑕であるが、やはり能力を活かせるのは2,000mであることに違いはない。

抑えには3頭、昨年2着で先行力があるマイネルフロスト。ディセンバーステークスで好走したシャイニープリンス。目下3連勝中のストロングタイタン。この3頭を入れて勝負したい。特にストロングタイタンあたりはここで勝利すると、今後の出世が見えてくるのではなかろうか。

2017年 日刊スポーツ賞中山金杯 予想はこちら

◎ツクバアズマオー
クラリティスカイ
ドレッドノータス
マイネルフロスト
△シャイニープリンス
△ストロングタイタン

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■ツクバアズマオー

三連単勝負

◎を1着固定から、各種印流し

※今年から、複勝での収支と三連単での収支を分けて計算します。