読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 有馬記念 回顧

2016年 有馬記念の結果

1着 サトノダイヤモンド

2着 キタサンブラック

3着 ゴールドアクター

という結果になった。

キタサンブラック 2着
◯サウンドオブアース 8着
▲シュバルグラン 6着
ゴールドアクター 3着
△マルターズアポジー 15着

■収支発表

三連単 3,000円分 複勝 7,000円を購入

複勝 8,400円 -1,600円

TOTAL:-39,400円

■総評

ここ数年で最高の有馬記念といっても過言ではないだろう。キタサンブラックが残すかと思ったところを、ゴール寸前でサトノダイヤモンドが交わすという結果である。サトノダイヤモンドを一切買っていなかった自分からすれば、とても悔しい結果とはなったが、ダイヤモンドの強さは本物だということがわかったので、来年は狙いを定めて行こうかと考えている。ダービーでサトノダイヤモンドを破ったマカヒキも復帰してくるだろうし、古馬の中心はこの二頭になるかもしれない。

また、サトノダイヤモンド凱旋門賞を視野に入れていることもあるし、キタサンブラックも同様に凱旋門賞へ向かいたいと話している。日本馬が何頭か出走することで、勝利も見えてくるかもしれない。

数々の記事にも書かれていたように、今回の有馬記念はチームサトノが作り上げた勝利である。同厩舎、同馬主のサトノノブレスが3コーナー付近から進出したことで、ペースがグーンと早くなり、キタサンブラックは4コーナー出口で先頭に立たざるを得なくなったのが、1番の敗因だと武豊騎手も語っている。

headlines.yahoo.co.jp

この結果を受けて、卑怯だとか卑劣だとかいうことは全くない。これも作戦であり、海外競馬ではラビットと呼ばれるペースメーカー馬を出走させることも多く、勝たせたい馬に有利なペースを作るのも勝利のためには必要なのだ。

今年の凱旋門賞でも、チームオブライエンがうまく立ち回り、1~3着を独占したように、海外の厳しいレースを勝つためには、総力を持って立ち回る必要がある。

そういった競馬のやり方というのは、過去から何度も言われてきたことだが、今回の有馬記念で初めて、チーム戦という競馬を見せられた気がする。過去に何度あったかはわからないが、さすが海外で修行を積んだ池江厩舎の馬たち。そして、それを許容したオーナーサイドの判断に感服する結果となった。

sports.yahoo.co.jp