読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 ホープフルステークス 予想

2歳重賞最終戦

もともとは阪神で行われていたラジオたんぱ2歳(3歳)ステークス(G3)と、中山で行われていた2歳オープン戦ホープフルステークスが一緒になってG2競走として施行されている。来年にはG1に昇格することも予定されるほど、注目の重賞である。

しかし、この重賞がG1になることについては、色々と物議が醸し出されている。確かに、朝日杯というレースがありながら、こちらのレースをG1にする理由がよくわからない。朝日杯がマイル戦、ホープフルステークスが中距離戦という位置付けにするにしても、この時期に皐月賞の前哨戦を行う必要性が見当たらない。年明けの京成杯もあることから、2,000mの中山重賞が増えることに意味を見出せないのだ。しかも、京成杯からは特に有力馬が出てきていない点も気になる。

この件については角居調教師も意見を述べている。

zasshi.news.yahoo.co.jp

ラジオたんぱ時代は、このレースの勝利馬からG1馬になった馬も多い。過去を遡っても、ナリタタイシンタヤスツヨシメジロブライトアドマイヤベガアグネスタキオンザッツザプレンティヴァーミリアンロジユニヴァースヴィクトワールピサエピファネイアワンアンドオンリーとこんなにもの馬が、G1馬として活躍している。勝ち馬ではない馬でもゴールドシップがこのレースに出走していた。

中山に移った一昨年の勝ち馬からはまだG1馬が出ていないが、今年は無敗のレイデオロあたりが、活躍馬として出てきそうだが、どんなドラマが待ち受けているだろうか。

昔はあまり荒れないレースであったが、ここ数年は7〜9番人気の馬なども好走しているので、馬券の相手は手広く考えた方が良さそうだ。

本命は、やはりレイデオロをあげたい。ここ2走負けなしだが、内容もかなり良い。相手関係にも恵まれていると思うし、ここで勝利して次のステップに着実に進んでもらいたい。

対抗には、善戦続きでようやく未勝利を抜け出したマイネルスフェーンをあげたい。ずっと2,000mの距離にこだわり続けて使われた結果、ようやく勝利というところに注目をしたい。

単穴はエピファネイアリオンディーズといったG1馬を輩出した、シーザリオの息子であるグローブシアターをあげたい。素質はかなりのものだが、どうも兄達には見劣る存在である。しかし、ここを勝つようであれば一気にクラシックへの期待は高まる。

抑えにはコスモスとサングレーザーをあげよう。コスモスは中央初挑戦ということで、トラストと同じような形で参加してきた。前評判だけは高く、英ダービーに出るなどという情報もあるが、岡田オーナーの話はそこまで真剣に考える必要はないと考えている。昔から、この人の話はスケールだけでかい。サングレーザーは素質があるとは思うが、前走で相手になっていたジューヌエコールとボンセルヴィーソがG1に挑戦し、片方は惨敗。片方は善戦という結果になったところから、信用度はイマイチという判断となっている。

2016年  ホープフルステークス 予想はこちら

◎レイデオロ
マイネルスフェーン
▲グローブシアター
コスモス
△サングレーザー

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■レイデオロ