読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 ターコイズステークス 予想

グレードのつかない重賞

グレードの表記がない重賞競走であるターコイズステークス。昔で言うところのトランセンドが勝利したレパードステークスのようなものだろうか。そのうちG表記がつくだろうが、第2回の今回はまだ重賞と言う表記のみである。

オープン特別と何が違うのかわからないし、出てくる馬もオープン特別となんら変わりのない馬たちである。注目すべきは3歳馬がたくさんこのレースに出走しているところで、ここでマジックタイムレッツゴードンキなどの強い馬たちを負かすようなことがあれば、一気に注目を集めるだろうと言うところである。

しかも、3歳馬たちは秋華賞などにも出走していた馬や、春の重賞を勝利しているような馬たちなのだから、期待せずにはいられない。牡馬戦線では先週マイネルハニーが古馬相手に勝利したが、牝馬はどうなるだろうか、斤量差も見ながら考えていきたい。

それにしても、Yahoo!競馬の表記が見にくくなって仕方がない。見難くしてまで広告を主張したいかわからんが、はっきりいって邪魔である。

と言うことで、予想に入ると、まず本命に推したいのはマジックタイムである。前走は日本の馬場を知らない外人ジョッキーがなぜか外に回しての惨敗ということだったので、普通の状態ではないという判断である。今回はルメールに手綱が戻るので、確実に勝利してくれることを期待している。

対抗は3歳馬からクロコスミアをあげたい。前走はやはり距離の問題がもろに出た。ペースは悪くなかったが故にスタミナ切れが懸念される。1,600mならベストの条件だと思う。

単穴はレッツゴードンキ。前走は初のダートであっと驚かせるような騎乗だった。最近は短距離ばかり走っていたが、この馬は1,400~1,600mの方が走る。今回も好走は十分に期待できる。

抑えはこれも3歳馬から2頭あげたい。まずはダイワドレッサーである。ラジオNIKKEI賞でも好走し、前走も3着に食い込んだ。福島の平坦コースだからという指摘もあるが、中山でも1,600mならやってくれるはずである。もういっとはエンジェルフェイスオークスから全くいいところなしだが、腐っても中山重賞フラワーカップの勝ち馬である。しかも、余裕残しの逃げ切りを決めているところを考えると、コース適性はあるだろう。

2016年  ターコイズステークス 予想はこちら

マジックタイム
◯クロコスミア
レッツゴードンキ
△ダイワドレッサー
エンジェルフェイス

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■マジックタイム