読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 カペラステークス 予想

今年最後の短距離ダート重賞

第9回とまだ歴史の浅いレースで、ようやく今年このレースを勝利したダノンレジェンドJBCスプリントを勝利してG1馬が誕生したというようなレースである。そもそも、ダートの1,200mというのは地方競争でもG1がJBCスプリントぐらいしかなく、距離適性を考えず皆フェブラリーステークスなどにコマを進めるから、訳がわからないことになる。

こういった1,200mの重賞にて賞金を加算した馬が、わんさか適正距離ではないフェブラリーステークスとかかしわ記念とかに出てくるから、予想する方も混乱して仕方がない。カペラステークスの前身であるガーネットステークスや、東京1,400mで行われる根岸ステークスをステップにフェブラリーに出てくるのはほんと辞めてほしい(根岸ステークスはまだマシか)。

そんなことを言っても、レースはあるのだから予想はしなければいけない。今回もメンバーは正直微妙である。地方馬が三頭も出走しているので、これらの取り捨ても難しい。左海誠二騎手の名前を久しぶりに見た。

今回本命に押すのはニシケンモノノフである。プロキオンステークスで2着に入り込むほどの実力馬。その時の勝者ノボバカラがその後不調なことを考えると、今回はこの馬が逆転してもおかしくない。

対抗はコーリンベリーJBCスプリントで3着という成績を残している。逃げるダノンレジェンドに追いつけはしなかったものの、前目で粘った結果3着なので能力に差はないだろう。

単穴としては成績の安定しているタールタンを挙げよう。短距離で抜群の成績だが、いまいち勝ちきれないところがあるのが残念である。

抑えとしては、海外生まれの地方馬ルックスザットキルを挙げたい。何を思ってか地方でレースを重ねる馬で、東京スプリントでは4着に入っているところを評価。もう一頭は実績馬であるノボバカラ候補とする。ここ2走がダメダメなので、復活するかはわからないという点を踏まえての抑えである。さてどうなることやら。

2016年  カペラステークス 予想はこちら

◎ニシケンモノノフ
コーリンベリー
▲タールタン
△ルックスザットキル
ノボバカラ

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■ニシケンモノノフ