読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 ジャパンカップ 回顧

競馬予想

2016年 ジャパンカップの結果

1着 キタサンブラック

2着 サウンズオブアース

3着 シュヴァルグラン

という結果になった。

キタサンブラック 1着
ゴールドアクター 4着
サウンズオブアース 2着
ルージュバック 9着
△ビッシュ 16着

■収支発表

三連単 3,000円分 複勝 7,000円を購入

三連単 36,200円 複勝 10,500円 +36,700円

TOTAL:-68,000円

■総評

キタサンブラックの完勝劇を見せられたレースだった。前半1,000mは61.7とスローペースだったにもかかわらず、2番手のワンアンドオンリーとの差がすでに2馬身以上あった時点で、危なげないレースだったと改めて思う。安藤騎手も、向こう正面で勝利を確信したと言っているように、完璧なレース運びで、後続を封じ込める足を残したまま直線に入り、後続馬が追いすがる中、鞭を抜いたのは残り200mというところ。その時点ですでに3馬身ぐらいの差がついており、その状態から34.5で末脚を伸ばされれば、いくら追い込み馬が頑張っても影さえも踏めないというわけだ。

レース前の予想段階で「左回りは苦手かも」と言っていたが、そんなことは全くなかった。4コーナーまでのリードを守りきり直線で上手に手前を変えることもできた。また、武豊騎手の好騎乗も光った。馬場の3分どころを進ませるあたり最高の結果に繋がる騎乗だったと改めて思う。これがうちいっぱいだったら、そこまで伸びずに脱落していただろう。内に潜り込んだルージュバックとイキートスがその結果を物語っている。

これでキタサンブラックは名実ともに現役最強馬の称号を手にしたことになる。有馬記念でも自信を持って本命に推せる存在である。有馬記念は昨年のメンバーがそのまま1〜3着を独占する可能性は十分あるので、注目していただきたい。

キタサンブラックが面白いはその血統にある。父馬はディープインパクトの全兄ブラックタイドで母父がサクラバクシンオーという。なんともちぐはぐな血統なのである。サクラバクシンオーといえば短距離の馬をたくさん輩出していることで有名だが、サクラバクシンオーの血が入った馬で、3,200mの距離を勝つ馬というのも珍しい。

ブラックタイドもとても不遇の馬で、同世代のキングカメハメハや弟のディープインパクトに話題をさらわれてしまい。そこまで有名にはならなかったのだが、こうやって素晴らしい馬を世に残せたのだから、これからも注目を浴びる可能性は大きい。これはブラックタイドファンだった私にはとても嬉しいことである。

その他、言及したいことは、ハイレベルの3歳馬というのはやはり幻想だったのかもしれないということである。3歳馬の対象格であるディーマジェスティがここで全く走れず13着という結果に終わった。これではマカヒキサトノダイヤモンドの実力も疑ったほうがいいかもしれない。もしかしたら、アグネスフライト世代ぐらいの実力なのかも、というのが率直な感想である。

さて、来週はチャンピオンズカップ中京競馬場で行われる。ここでも武豊騎手の馬が人気を集めそうだが、どうなることか見守りたい。

 

sports.yahoo.co.jp