読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 予想

ここ最近で増えた2歳重賞

昔は朝日杯への登竜門的なレースであったが、その頃はオープン特別だった。アドマイヤドンエイシンチャンプザッツザプレンティヴァーミリアンヴィクトワールピサエピファネイアなどがこのレースに参戦し、その後G1を勝利した。

しかし、G3になってからは大した馬を出していないのがこのレース。一昨年は明日のジャパンカップに出走するシュヴァルグランなども出走していたが、どうなることやら、今年のメンバーも若干話題に欠けそうな馬ばかりである。

2勝馬はプラチナヴォイスのみで、この馬もなんだか成績にムラがある。一応2連勝しているので、上積みという形で強くなっているのだろう。萩ステークスでは圧倒的一番人気のヴァナヘイムを退けている。先行型なので、今の京都にはあっているかもしれない。

面白そうなのが、ダノンディスタンスである。母馬に懐かしのアゲヒバリという血統。アゲヒバリ自身は地方で活躍した馬だが、この馬が有名になった理由として、ディナシーという史上最高取引額である6億円で取引された馬がいることが挙げられる。ディナシー自体は一切中央で走ることなく引退し、繁殖に上げられたが繁殖成績も大したことがないのが特徴。当時テレビで購入者の一人が「この馬には夢がある」と語っていたのを思い出すたびに、一体なんだったんだろうと考えることが多くなった。

さて、予想の方だが、やはり上積みというところでプラチナヴォイスを素直に本命として指名したい。前走も前々走もフロックということであれば、今回は負けるのだろう。しかし、まだまだ成長過程であるため、ここでは負けられないと踏んでいる。

対抗に持ってきたいのは、カデナである。正直萩ステークスでプラチナヴォイスに負けた馬たちは、ここでは用無しと考えている。抑えにヴァナヘイムを入れるぐらいがだろうであろう。

単穴は川田騎手が選んだベストアプローチを選出しよう。そして、抑えにヴァナヘイムとダノンディスタンスを入れて馬券は完了である。今回も少頭数なので紛れは少ないだろうから、きっちり当てて今までのマイナスを取り戻していきたいところだ。

2016年  ラジオNIKKEI京都2歳ステークス 予想はこちら

◎プラチナヴォイス
◯カデナ
▲ベストアプローチ
△ヴァナヘイム
△ダノンディスタンス

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■プラチナヴォイス