読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス 予想

裏切りのデムーロ

今年G1を買ったモーニンはここ2走で勝ち鞍がなく、デムーロはその隙にゴールドドリームに乗るという話になっていた。とはいっても、これは競馬界ではよくあることの一つ。それにモーニンについては、本来先週のみやこステークスを使う予定で、調整されていたのに事前回避ということもあり、鞍上が定まらなかったということもあるだろう。それにゴールドドリームに至っては主戦の川田将雅騎手が京都で騎乗馬が決まっていたのもあるので、今回はデムーロという形なのかもしれない。

武蔵野ステークスといえば、クロフネ以外思い出す馬はいない。それ具合強烈だったからである。その後ジャパンカップダートデットーリに導かれ勝利するイーグルカフェを子供扱いし、9馬身差の勝利を収めた伝説のレース。クロフネの競馬は先行しながら、3コーナー付近で徐々に先頭に進出していき、直線で思い切りスパートをかけるというもの。あれをやられてしまうと、どの馬も追いつくことができないほどの圧巻ぶり。直線の長いコースで本領を発揮するタイプなので、ドバイなどでの活躍も期待されていただけにジャパンカップダートを最後に引退してしまったのが悔やまれる。そして、その産駒にも彼の血を受け継ぐほどの強烈な馬がいないことも残念な話である。

予想の話だが、ここは素直にゴールドドリームを本命にしたい。先週のグレンツェントを見て思ったのだが、あの馬よりもゴールドドリームの方が上であることを考えると、やはりここは本命にしたいところだ。

対抗は実績を考えるとモーニンを抑えておきたい。ここ2走は一息入らない競馬というのが多かったが、東京1,600mであれば勝ち負けは十分にありえる馬である。しかし、59キロで戦えるかどうかはわからない。2番人気にはなるだろうが飛ぶ可能性も十分にある。

単穴として抑えたいのは、ドリームキラリである。ダート1,600〜1,700mで実績があり、東京コースも問題ないところでこの馬を入れることにした。

抑えとしてメイショウスミトモとソルティコメントを入れておく。両馬とも上がり馬には変わりないが、ここ数走の充実ぶりから勝利はないにしろ、紐候補として十分だという判断である。

ここはゴールドドリームの頭固定で勝負したいところ。複勝はそこまでつかないだろから、穴馬の中から決めた方が面白そうである。

2016年  東京中日スポーツ武蔵野ステークス 予想はこちら

◎ゴールドドリーム
◯モーニン
▲ドリームキラリ
△メイショウスミトモ
△ソルティコメント

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■ドリームキラリ