読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 JBCクラシック 回顧

競馬予想

2016年 JBCクラシックの結果

1着 アウォーディー

2着 ホッコータルマエ

3着 サウンドトゥルー

という結果になった。

コパノリッキー 5着
アウォーディー 1着
ホッコータルマエ 2着
サウンドトゥルー 3着
ノンコノユメ 4着

■収支発表

三連単 3,000円分 複勝 7,000円を購入

ホッコータルマエ複勝で 11,200円の払い戻し +1,200円

TOTAL:-25,400円

■総評

逃げが予想されたコパノリッキーだが、ホッコータルマエを見る形の競馬となってしまい。最終的に直線で失速し、自分の競馬ができなかったようである。ホッコータルマエもこの距離ではさすがという競馬をしてくれたし、得意の川崎で2着を確保してくれた。

やはり話題にあげるべきはアウォーディーであろう。ダート6連勝、負けなしでG1制覇なのだから、次のレースにも期待がかかる。手綱は引き続き武豊騎手が握ることになるのであろうか。

しかし、JBCを見て思うのはJRA所属馬と地方馬の力の差である。全てのレースに言えることだが、馬群が2つに分かれるといった現象が起きている。もちろん前にいるのはJRA所属馬で後ろの集団が地方馬たちである。最終的に勝利するのはJRA馬という結果にもなっているところを見ても、その実力差は相当なものである。

地方G1には出馬できるJRA所属馬の数は決まっている。その中で、勝ちをあらそうのだ。フリオーソなどの強い地方馬がいるときは別だが、そうでなければ、このタイトルは数限られたJRA馬だけで争うわけだ。これではJRA馬が有利に決まっている。

そうなると、ホッコータルマエだけではなく、ヴァーミリアンなどJRA馬のG1 10勝とか9勝とかは、記録的には意味があっても、能力的にはあまり意味がないのかなぁという気持ちになってしまうのだ。

しかしそれを今言ったところで何も変わらないし、もやもやを抱えながらダート界を見守ることにしよう。