読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 JBCレディスクラシック 予想

今年のJBCレディスクラシックはマイル戦

昨年は1,800mで行われたこの重賞。ホワイトフーガディフェンディングチャンピオンサンビスタに5馬身もの差をつけて解消した。道悪と斤量の差も思い切り出たレースとなったが、そのあともホワイトフーガTCK女王杯やスパーキングレディなどを快勝し、勢いに乗っていた。しかし、前走はレディスプレリュードにてタマノブリュネットに差し切られあわやトーコーヴィーナスにも届かないかと思われたところがゴールだった。前走は雨で重馬場だったが、この馬は道悪得意な馬なので、そこがマイナスではない気がする。牝馬特有のムラなのかはわからないが、今回も本命を打つのは正直言って怖い。

また人気を集めそうなアムールブリエだが、こちらは長い距離が得意な馬で、今回マイル戦は初めてということで、多少差し引かなければいけないだろう。それならば買える馬はなんなのか?ということを考えなればいけない。

中心となるのはJRA所属の馬になることは間違いない。タイニーダンサーは3歳馬だが、こちらはもともと門別の馬でJRAでの勝ち鞍はない。関東オークス川崎競馬場で行われたが、その後のスパーキングレディもレディスプレリュードもいいところがなくおわった馬なので、いくらルメールに乗り替わると言っても買いづらい。

狙えるのはタマノブリュネットで、前走の結果から最有力馬に成り上がった。上がりも速く器用な競馬ができる印象が強い。また1,600mという距離でもきちんとしたパフォーマンスが出せるだろう。

次にあげたいのはトロワボヌールである。今まで2度もレディスクラシックに出ており、3着以内を確保しているところから、遠征に問題はないことがわかっている。この馬も1,600mという距離に問題はないはずだ。

単穴にするのであれば、やはりホワイトフーガだろうか。馬券の買い方としては、1着タマノブリュネット、3着ホワイトフーガで固定して2着を流すという方法が面白そうである。

あと一頭レッツゴードンキなのだが、今までダートを走ったことはなく、走らせられている距離も短距離だったりするので、ここではどのように走れるかは疑問がつく、しかし、ダークホース的な意味合いで検討の一頭とした。

あとは、名前でユッコというのが何と無く可愛いので、抑えに入れておく。

2016年 JBCレディスクラシック 予想はこちら

◎タマノブリュネット
トロワボヌール
ホワイトフーガ
レッツゴードンキ
△ユッコ

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■タマノブリュネット