読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 富士ステークス 予想

ロードクエストが重賞連勝を狙う

前走は京成杯を1番人気が勝てないというジンクスを破り快勝したロードクエストが今回も馬券の中心になるだろう。血統的にもマツリダゴッホ産駒ということで、マイナー血統好きの私としては何となく応援したくなる。おそらく今回も1番人気に推されることだろう。

前走で気になったのはダノンプラチナである。58キロを背負っての3着。昨年は54キロで富士ステークスを勝っているところを見ても、コース適性はある。しかし、ロードクエストも、NHKマイルでは追い込んで2着。ダービーはさすがに距離の壁といったところだろうか。

兎にも角にも、この重賞で勝利に近いのはこの二頭であろう。今の東京コースは先行より追い込みが決まりやすい馬場であることを見ても、ここに割って入る馬が見当たらない。枠順を見ると、内枠より外枠のロードクエストの方が有利に見えるが、うまく馬を滑り込ませることができれば、ダノンプラチナもいい位置で競馬できそうだ。

次に気になる馬は、3歳馬ブラックスピネルである。ラジオNIKKEI賞では全く見せ場なしの5着、続くポートアイランドステークスでも4着と力不足感は否めないが、上がり3ハロンのタイムは一番早かったので、広い東京コースでどうなるかに注目したい。血統的に見ても、マイル戦はベストに感じるが、実績的にはもう少し長い方が良さそうな感じもある。鞍上が大野騎手というところは、多少マイナスに感じてしまう。

他は、戸崎騎手になってから負けなしのヤングマンパワー。前走は関屋記念で勝利。コース適性もある。しかし、先行馬なので前でやりあうと飲み込まれる可能性は大きい。枠も内目なので、自然と前に出されてしまうかもしれない。

次にG1馬イスラボニータ。この馬も強いのに勝ちきれないという競馬が続いている。どちらかというと、マイル路線より2,000m路線の方が良い気もするが、それは調教師や馬主が決めることなので仕方がないが諦めよう。

他に気になるのはフルーキーの存在で、デムーロが乗るというだけで少し不気味に見えてくる。

2016年 富士ステークス予想はこちら

ロードクエスト
ダノンプラチナ
▲ブラックスピネル
ヤングマンパワー
イスラボニータ

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■ロードクエスト