読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 府中牝馬ステークス 予想

気になるのは馬場状態

先週の毎日王冠を見て気になったのは、馬場の状態だけであり、逃げを打ったロゴタイプがうち内を回りながら、全く伸びずにドタバタという形で惨敗したところを見ると、内枠で先行する馬にとっては多少不利な状況なのかもしれないと予測が立てられる。

1枠1番のマジックタイムは人気を集めそうだ。しかし、この馬1,600m以下での成績はいいのだが、1,800m以上になると、新馬戦の2着以外結果を残せていないので、危険な人気馬となりそうな予感がしている。

外枠の2頭は共に先行馬であるが、外枠を活かして中団から競馬を進める可能性が高い。クイーンズリングに多少の距離不安はあるが、シャルールは1,800mは得意距離で、どこからでもスムーズな競馬ができるのは強みになるだろう。

メイショウマンボとスマートレイヤーといえば、3年前の秋華賞でデッドヒートを繰り広げた2頭である。その時の軍配はメイショウマンボに上がったが、その後の成績を見ていると、2014年のヴィクトリアマイル以降、メイショウマンボは二桁着順続きでまともに競馬をしていないことがわかる。スマートレイヤーはいつも上位人気を集めるも、勝ちきれない印象が強い。ここに来てメイショウマンボが復活することなど考えられないので、これは素直に切っていく、スマートレイヤーについては、取り捨てが難しく3着以内にくるかもしれないという意味では、抑え程度には指名した方が良いと考える。

他に面白そうな馬は、4歳馬のアスカビレンはここ数走で勝ち上がって来た上がり馬、ハピネスダンサーは重賞で人気を集めているが、なかなか結果が出ない一頭、ここで開花してほしい。

2016年 府中牝馬ステークス予想はこちら

クイーンズリング
◯シャルール
▲アスカビレン
△スマートレイヤー
△ハピネスダンサー

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■クイーンズリング