読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 京都大賞典 予想

京都で行われる2,400m

歴代の名馬たちが参戦してきた名物レース。日本を代表するジョッキー武豊がトーカイローマンで重賞初勝利を飾ったことで有名なレースである。その後も、武豊騎手はこのレースにて何度も勝利を収めてきており、有力馬に乗るときにはしっかりと勝つというメージが定着している。

ということで、本命はキタサンブラックで申し分ないだろう。これはキタサンブラック自体が京都コースを得意としていることもあるし、1枠1番に収まったことで逃げが濃厚。後ろからせられて二番手というもあり得るが、それでも直線で押し切れる強さを持っていると確信しているからである。

次に狙えるのは、鞍上がデムーロに戻ったサウンズオブアースである。前走は不可解な負け方をし、距離に不安など言われていたが、逃げ馬が引っ張るレースの中で、明らかに負けすぎたレースであることは間違いない。同じく負けすぎたゴールドアクターが、オールカマーを勝利しているので、ライバル視されているこの馬も負けられない一戦となっている。昨年2着だったこともあり、距離適性も◯。

三番手にはラブリーデイを持ってきたいところだったが、面白そうな馬としてあげられるのが、ヤマカツライデンである。芝を走り勝ちきれなかった馬が、ダートで初勝利。その後、ずっとダートを使われて結果が出なかった馬が、芝に戻った瞬間に連続連対しながらオープン馬になった。長いところばかりを使われているところも注目度が高い。

抑えは、ラブリーデイと、ヒットザターゲットキングカメハメハ産駒の2頭をあげよう。ラブリーデイは本来なら2番手にあげても遜色ないほどの馬である。全然衰えてはいないし、昨年もここを勝っているので、コース適性とかいう話は今更という感じだろう。しかし、直感的になぜか、ここでは対抗に持ってくるに相応しくないという思いと、馬券的にも面白くないという思いから、抑えに回してしまった。そういった意味で、もう一頭のヒットザターゲットを抑え候補に挙げている。本来なら、ラストインパクトもあげて、京都大賞典を勝利したことがある馬でまとめたかったところである。

2016年 京都大賞典予想はこちら

キタサンブラック
サウンズオブアース
▲ヤマカツライデン
ラブリーデイ
ヒットザターゲット

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■キタサンブラック