読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 サウジアラビアロイヤルカップ 予想

いつの間にか重賞になっていたレース

もともといちょうステークスとして親しまれてきたレースが、2014年から重賞扱いとなり、今年ようやくG3として施行されるようになった2歳限定のレースである。いちょうステークスといえば、歴代の名馬が勝利したレースとして有名で、エアグルーブやメジロドーベル、最近ではイスラボニータクラリティスカイなどもここで勝利したのちにG1馬になった。

重賞表記だったのは、一昨年のいちょうステークスからで、昨年サウジアラビアロイヤルカップと名前を変え、今年からG3と格上げされたので予想に加えることにした。なかなか面白い重賞だが、いかんせん出走馬が少ないので、ここは少ない資金でしっかりと当てていきたいところ。戸崎騎手が乗るロジムーンあたりが人気を集めそうだが、ロジムーンに完勝しているブレスジャーニーなども侮れない。

2歳戦はレースでのデータが取りづらく、調教の様子も当てにならない。できることならパドックを見て馬の調子を確認した後で馬券の精査としたいところだが、そうもいかないのでちゃんと予想だけは立てておくことにする。

今年は栗東からも、クライムメジャーとダンビュライトという二頭が、それぞれデムーロルメールに騎乗依頼をして乗り込んできている。クライムメジャーが一番人気になりそうな予感がするが、実際はどうなることやら。

もう一点注目したいのは、今年免許を取った木幡巧也騎手と木幡初広騎手の親子対決。木幡巧也騎手は今年すでに31勝も上げており、同期では一番の勝ち星をあげている。一方父親である初広騎手は今年1勝となかなか奮わない印象だ。

9頭立てという少しさみしいメンツだが、ここはしっかりと取っていきたいところなので、きちんと五頭選ぶとすれば、しっかりと東京コースでも結果を出しそうな、クライムメジャーを本命に、逃げ先行勢から、ウィンドライジズを指名。単穴に詰めが甘そうなダンビュライト。抑えとして、血統的なバックボーンも信頼ができる戸崎騎手のロジムーン。前走は後方からの競馬で失敗したバリンジャーまでが候補となるだろう。

結局は、少頭数なので減点方式で消していくという手法をとった。最後まで残ったのがクライムメジャーである。まだ1戦1勝と判断材料としては難しいが、血統はマイル向き。中団からの差し足も東京向き、騎手は乗れている。となれば、ここは本命で致し方ないだろう。

2016年 サウジアラビアロイヤルカップ予想はこちら

◎クライムメジャー
◯ウィンドライジズ
ダンビュライト
△ロジムーン
△バリンジャー

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■クライムメジャー