読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 スプリンターズステークス 予想

競馬予想

秋の短距離GⅠ

ビッグアーサーが前哨戦であるセントウルステークスで派手なパフォーマンスをして勝利したことで、ここでも同じことができるかが鍵となる。枠は前走と同じ1枠1番、単騎逃げの可能性もあるが、ここに並びかけて行く馬がいないとも限らない。

今年は3歳勢がとても多く、ブランボヌールシュウジソルヴェイグとどの馬も重賞の勝ち馬である。2007年のアストンマーチャン以来3歳馬は好走していないが、今年は好勝負なのではないかと見ている。どの馬もビッグアーサーと対戦していないところを見ても、勝負付けはまだまだ済んでいないので、ここで大きな勝負に出たいところである。

一番気になるのがシュウジであり、1,600mではあまり好成績を残せなかったが、ここ数走1,200mになってから連続連対と、距離不安を感じさせない走りを見せている。しかし詰めが甘いので、いつも勝ち切れない印象である。ブランボヌールは洋芝専用機と言われているように、北海道での好走が目立ち、中山の芝はどう出るかが問題視されている。もう一頭の牝馬であるソルヴェイグだが、函館での勝利だけでなく、フィリーズレビュー勝ちがあり、アットザシーサイドなどの馬を封じ込めた先行力は魅力である。前走は4着と敗れたが、大敗しているわけではないので、そこまでマイナスな材料だとは思っているない。

今回のレースではビッグアーサーを馬券から外すといった暴挙に出ることはできないが、3歳馬を中心に買うというのは、馬柱を見たときから決めていた。スプリンターズステークスは内枠と外枠が強く、中枠はあまり好走していないというイメージが強い。その中ですんなりと前に行けるビッグアーサーは魅力的だが、外から包まれる形になった場合は抜け出すのが大変な位置取りになることは間違い無いだろう。そこで外からかぶさるようにシュウジがラインを取れば斤量も生かした競馬ができるのでは無いだろうか。

2016年 スプリンターズステークス予想はこちら

ブランボヌール
シュウジ
ソルヴェイグ
ビッグアーサー
レッツゴードンキ

あれだけ、シュウジを推しながらも本命はブランボヌールとした。春の3歳G1では奮わなかったし、北海道専用と言われているかもしれないが、勝負強さと斤量を見ると、ブランボヌールが一枚抜けている。今年のスプリンターズステークスは3歳馬から勝負である。

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■シュウジ