読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 札幌2歳ステークス 予想

札幌1,800mの2歳重賞

2歳用1,800mの重賞である。中距離でのレースを好む馬がこのレースに駒を進める。勝馬としてはジャングルポケットアドマイヤムーンレッドリヴェールなどがいる。参戦した馬なら、アヴェンチュラマツリダゴッホゴールドシップなども参戦しているレース。出世レースと言うには少し弱いが、たしかにここから飛躍していった馬もいるので侮れない。

2歳戦ならではの難易度がある。

どの馬にも決めてはなく斤量は同じ、人気順で決まることはほぼない。たった1戦や2戦で馬を見極めなければならないし、此処から先の伸びしろも考えると、このレース事態が今後の参考になるとは思えない。昨年の優勝馬アドマイヤエイカンドレッドノータスに完敗し、ドレッドノータス事態もそれ以後勝ちがない。難しい判断である。

札幌2歳ステークスの予想

本命はタガノアシュラ

正直なところ、タガノアシュラの走りは素晴らしかったが、そこに食いついて潰れたサトノアリシアが、コスモス賞で負かしたマイネルザウバアのほうが伸びしろがあると感じてしまった。しかし、ここには進んできていないので、ここはタガノアシュラを指名しよう。前走はペースを自分で作りスローながらも函館の2歳レコードを打ち立てたのは立派。ここで勝つようであれば、次に駒を進めたサトノアリシアもきちんと評価しなければいけないだろう。前走はドスローの前残り展開だったが、2番手、3番手でも器用な競馬ができるだろう。

対抗はトラスト

前走はクローバー賞の2着。レースを見る限り距離延長はプラスに働くのではなかろうか。マイネル岡田総帥が惚れ込んだ馬が、どこまで通用するのかは見ものである。

単穴はブラックオニキス

前走もセンスのいい競馬で4コーナーから進出しトラスト以下を封じ込め勝利。城戸騎手の初重賞勝利はこの馬にかかっている。ブラックタイド産駒はマイナーに見られがちだが、キタサンブラックの影響もあり、見直されている種牡馬である。血統はディープインパクト一緒なのだから、ここらでもっといい馬を排出して欲しいところである。

抑えはフラワープレミア

人気薄の江田照男ほど怖いものはない。勝利まで2戦かかっているが、問題はそこではなく、東京マイルで配線した後、福島の小回り1,800mで勝利しているところである。札幌もどちらかと言えば平坦コースで、右回り1,800m様式は違えども力が発揮できるかもしれない。 

抑えはコリエドール

血統からすれば結構いい馬だが、実際はどこまでやれるかといったところ、勝負強さはあるし間違いない馬だが、ここは様子見としたい。ディープウォーリアと悩んだが、こちらの馬を抑えとする。すんなり勝つようなら本物だという証拠。

2016年 札幌2歳ステークス予想はこちら

◎タガノアシュラ
◯トラスト
ブラックオニキス
△フラワープレミア
△コリエドール

三連単6点勝負

■タガノアシュラ→トラスト→ブラックオニキス
■タガノアシュラ→トラスト→フラワープレミア
■タガノアシュラ→トラスト→コリエドール
■タガノアシュラ→ブラックオニキスブラックオニキス
■タガノアシュラ→ブラックオニキス→フラワープレミア
■タガノアシュラ→ブラックオニキス→コリエドール

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■コリエドール