読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 キーンランドカップ 予想

競馬予想

札幌1,200m、2週続けての短距離戦。

流石に連投で挑む馬はいないようだが、函館スプリントステークスから、北海道に滞在している馬がそのまま出るケースが多い。函館スプリントステークスキーンランドカップを両方勝利した馬は、ワンカラットカレンチャンなどがいる。(パドトロワは先にキーンランドカップを勝利し、翌年函館スプリントステークスを勝利)

今年は3歳勢が有利か?

函館スプリントステークスの結果は、ソルヴェイグシュウジという3歳馬できまった。斤量の差もあるだろうが、それを差し引いても1,2着が3歳馬というのは珍しい。今回もその傾向は活かされるのであろうか。新たにブランボヌールとナックビーナスがここに駒を進めている。

キーンランドカップの予想

本命はブランボヌール

名手戸崎が乗るというのも一つ大きな利点であるが、やはり3歳馬で斤量51キロというのは魅力に映る。あの厳しいNHKマイルカップでは人気を落としながらも6着で、ほぼ同じ位置にいたシュウジが沈む中粘ったところも評価できる。

対抗はシュウジ

不可解な乗り替わり?でモレイラが手綱を取ることになったシュウジ、前走2着に導いた岩田は函館スプリントステークス3着のレッツゴードンキに騎乗する。モレイラは香港のリーディングジョッキーで、ここ一番の勝負強さを見れられるかがポイント。

単穴はオメガヴェンデッタ

北海道の短距離を2連続で使われたが勝利なし、ここで巻き返して重賞初勝利を狙う。武豊も絶好調とはいえないが、前走では差のない4着とマイナス要素は少ない。

抑えはソルヴェイグ

前走はフロックかどうかがここで見極められることになる。ここを勝つようならスプリンターズステークスの主役に踊り出るのは間違いない。丸田が乗り替わり無しで参戦するところもプラス材料と捉えている。 

抑えはエポワス

騎手で選ぶならエポワス。デムーロの手腕に任せれば一発が狙えるところにある。 

ブランボヌール
シュウジ
▲オメガヴェンデッタ
ソルヴェイグ
△エポワス

三連単6点勝負

ブランボヌールシュウジ→オメガヴェンデッタ
ブランボヌールシュウジソルヴェイグ
ブランボヌールシュウジ→エポワス
シュウジブランボヌール→オメガヴェンデッタ
シュウジブランボヌールソルヴェイグ
シュウジブランボヌール→エポワス

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■シュウジ