読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 北海道新聞杯クイーンステークス 予想

北海道札幌夏の牝馬限定2,000m戦

2000年から夏の牝馬限定重賞として名を馳せているクイーンステークス。結構な有力馬が集まることでも有名なレースである。トゥザビクトリーやファインモーションも参戦したこのレース。G1戦線で活躍している馬がコマを進めるレースでもある。今年はオークス2着のチェッキーノが参戦で1番人気かと思われたが、なんと直前で回避したため、また人気が割れるレースとなりそうだ。

1番人気が人気薄を連れてくる

1番人気の馬はアヴェンチュラアイムユアーズが勝利しているが、その時には人気薄の馬が2着に来ている。人気サイドのみでの決着はあまりない。1番人気が2着に来た時も勝ち馬はあまり人気を集めなかった馬になることが多い。

クイーンステークスの予想

1番人気と人気薄の組み合わせを意識。

本命はリラヴァティ

前走マーメードステークスを先行策で勝利。前走に比べて斤量は増えるが今の北海道なら前目での競馬で十分押し切れるほどの強さはある。

対抗はマコトブリジャール

前走福島牝馬で大穴を開けた馬だが、その勢いに乗って勝利できるかが鍵となる。それと言っていいところが思いつかないが、馬券を買うにあたってはこのぐらいの冒険は必要だと判断している。

単穴はロッテンマイヤー

51kgで走れるのは魅力的。オークスでは全く走らなかったが、忘れな草特別などを勝利しており、距離的不安はない。もう一頭の3歳牝馬であるカトルラポールは、Danzigの血を引いているだけあって、短距離が得意な印象が強い。

抑えはテルメディカラカラ

成績は安定しているが、基本的にマイル戦ばかりを使われてきており、2,000mの信頼は薄い。血統的には持ちそうだが、実績がないのでなんとも言えないところである。 

抑えはシャルール

どちらかというと本命サイドの馬だが抑え。切るに切れなかった本当の意味での本命馬かもしれない。

2016年 函館記念予想はこちら

◎リラヴァティ
マコトブリジャール
ロッテンマイヤー
△テルメディカラカラ
△シャルール

三連単6点勝負

■リラヴァティ➡マコトブリジャール➡︎ロッテンマイヤー
マコトブリジャール➡リラヴァティ➡︎ロッテンマイヤー
■リラヴァティ➡マコトブリジャール➡︎テルメディカラカラ
マコトブリジャール➡リラヴァティ➡︎テルメディカラカラ
■リラヴァティ➡マコトブリジャール➡︎シャルール
マコトブリジャール➡リラヴァティ➡︎シャルール

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■リラヴァティ