読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 函館記念 予想

函館名物2,000m戦の函館記念

函館記念といえばエリモハリアーが3連覇したことで有名な重賞である。同一重賞を3連覇した記録は他にもタップダンスシチー金鯱賞ゴールドシップ阪神大賞典マツリダゴッホオールカマーなどが存在するのだが、エリモハリアーは3連覇のうち、全員乗っている騎手が変わっており、さらに6番人気、1番人気、7番人気と人気がない時も勝ったという珍記録を打ち立てたレースとして名高い。

レース傾向として荒れることの方が多い

1番人気、2番人気、3番人気などの馬が勝つことは多いが、2着、3着に人気薄が来る傾向がある。荒れるレースなので極めて予想が難しいレースの一つ。軸馬を決めたら、相手関係を少数に絞らず、複数に手広く流した方が配当もつくし当てやすいレースかもしれない。

函館記念の予想

巴賞勝利の馬が、函館記念に直結する時代もあったが、今年の勝ち馬レッドレイヴンは巴賞以前の数走で結果が出なかったところを考えると、安定感があるとは言えない。昨年の函館記念では5着に敗れている。函館記念は遥か昔、エアエミネムが勝利した時に、ヒマラヤンブルーアサカディフィートの三連複をとった記憶があるが、当時三連単がなかったので、あったらもっと大きなお金を手にしていたと思うと少し遣る瀬無い気持ちになるのだ。

本命はバイガエシ

一昨年の流行語から名付けられた名前だが、ここ数走の成績も良く、さらには神戸新聞杯で4着に入ったこともある実力馬である。今回は斤量にも恵まれ54キロと他の馬に比べて有利な条件が揃っていることから、本命として名前を挙げた。

対抗はマテンロウボス

前走は1と3/4馬身離されての2着だったが、距離が伸びれば逆転の可能性も出てくる。内容も悪くなく、位置取りの差で先着を許した形だったので、今回も侮れない一頭であることに間違いはない。

単穴はネオリアリズム

こちらもイマイチ勝ちきれない馬だが、1,800m〜2,000mの距離を重点的に使われてきており、結果もそれなりに出している。函館の平坦コースで活きるタイプの馬である。

抑えはツクバアズマオー

前走3着。首差でマテンロウボスに振り切られた形となった。正直あのレースで勝負は付いていると思うが、紛れもあるこのレース、吉田豊がどのように乗るかを楽しみにしている。 

抑えはマイネルフロスト

前走、前々走で1番人気に押されながらも惨敗したこの馬だが、今回は人気を落としての参戦になる。斤量は57と相変わらず厳しいが、ここで復活の狼煙を上げてもらいたいところである。

2016年 函館記念予想はこちら

バイガエシ
マテンロウボス
▲ネオリアリズム
△ツクバアズマオー
マイネルフロスト

三連単6点勝負

バイガエシ➡マテンロウボス➡︎ネオリアリズム
バイガエシ➡マテンロウボス➡︎ツクバアズマオー
マテンロウボス➡バイガエシ➡︎ツクバアズマオー
マテンロウボス➡︎バイガエシ➡︎マイネルフロスト

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■マテンロウボス