読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 CBC賞 予想

夏の中京1,200mの電撃戦

CBC賞はダービー後にやったり、冬にやったり、夏にやったりと時期がコロコロ変わってきたレースである。冬に行われていた頃の勝ち馬の中には、マサラッキトロットスターアグネスワールドサニングデールといったG1馬が多い、夏になってからはスリープレスナイトがこのレースを勝ってからG1を制している。

実績を重視するとハンデ戦では斤量が重くなる

CBC賞ハンデ戦なので、馬の実績によって斤量が変わってくる。重賞を勝っていたり常識的に強い馬は重いハンデを背負わされる。そうやってバランスをとるのだが、付けられた斤量差をものとせずに買って来た馬はたくさんいるので、斤量の差ではあまり見ない方がいいかもしれない。その反面斤量が軽い馬がこのレースを勝ったことはほとんどない。

CBC賞の予想

函館スプリントとの違いは、函館スプリントの場合は斤量が別定なので、実績によって斤量が決められた。今回はハンデ戦なのでハンディキャッパーがハンデをつけた。なので斤量にばらつきがあるのが手に取るようにわかる。また、今回のレースは3歳馬が1頭も参戦していない。3歳馬が古馬と対戦すると実力差を見極める判断材料が少なくなる。それに、3歳馬は気性も定まっていないことが多く、紛れが存在するということだ。今回はそこを考量せずに予想を組み立てることにする。

本命はエイシンブルズアイ

G1高松宮記念以来だが、実績は上位で安定感もある。他の馬との対戦成績を見ても、この馬が一番上位にくる。斤量57kg

対抗はレッドファルクス

ダートをメインで使われてきた馬だが、芝でもそこそこの成績は残している。今回はデムーロの手腕にも期待しながらの対抗馬としてこの馬を持ってきた。斤量56kg

単穴はワキノブレイブ

1,200mを使い詰められてきた馬。実績にムラはあるが、ここぞという時に1発がありそうな雰囲気。斤量56kg

抑えはベルカント

昨年の夏にアイビスサマーダッシュ北九州記念を連勝したが、スプリンターズステークスでは手も足も出ず惨敗。続く京阪杯でもアラブでのレースでも振るわなかったが、夏に強いという特性もあるので今回は復帰を願っての抑え判定である。斤量55kg

抑えはラインスピリット

どうも短距離が得意で1,200mという距離であれば、実力を存分に生かすことができるのではないかと予想している。斤量55kg

2016年 CBC賞予想はこちら

エイシンブルズアイ
◯レッドファルクス
▲ワキノブレイブ
ベルカント
△ラインスピリット

三連単6点勝負

エイシンブルズアイレッドファルクス➡︎ワキノブレイブ
エイシンブルズアイレッドファルクス➡︎ベルカント
エイシンブルズアイレッドファルクス➡︎ラインスピリット
レッドファルクスエイシンブルズアイ➡︎ワキノブレイブ
■レッドファルクス➡︎エイシンブルズアイ➡︎ベルカント
レッドファルクス➡︎エイシンブルズアイ➡︎ラインスピリット

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■エイシンブルズアイ