読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2016年 エプソムカップ 予想

競馬予想

大外がどう出るルージュバック

今回のレースの注目は何と言ってもルージュバックがこのレースに参戦することである。ヴィクトリアマイルで惨敗した昨年の女王候補は、いったいどんな競馬を見せてくれるのだろうか、さらにここをステップにどのレースに向かうつもりなのだろうか。その行く末を占うレースとしても考えられるレースである。

しかし、ルージュバックがここで勝てるかどうかは今の所全くわからない。人気は集めるだろうが、対して走らない場合もあるので、なぜマーメードステークスではなくこちらを選んだのかに関しても注目していこう。

今回のレースは本命を決めるのがとても大変なレースである。春のG1が残すところ宝塚記念のみとなり、東京開催もこれで最後だということを考えると、ステップレースというよりかは、賞金の上乗せにこのレースを使っている印象が強い。メンバーも小ぶりである。

ここでは、前走着順よりも臨戦過程を見て予想を決めようと思う。

本命はロジチャリス

メイステークスというエプソムカップと開催地と距離が全く同じレースを快勝してここに駒を進めてきたロジチャリス。血統的にも2,000mぐらいまでは許容範囲であろう。不安があるとすれば鞍上か?

対抗はラングレー

こちらは都大路ステークスで3着という結果を経てエプソムカップに参戦してきた。決して弱いタイプではなく重賞勝ちはないものの、毎日杯などで1番人気の評価を得るほどの実力馬であることには変わりない。

単穴はフルーキー

成績が安定していてハズレのないタイプ。チャレンジカップで既に重賞を勝っており、そのため斤量が58となっている。この2kgの斤量が今回は物を言いそうだったので、単穴止まりの評価としている。

抑えはレコンダイト

ここ数回は2,000m〜2,500mといった比較的長い距離を使われていたが、勝ち鞍を見ると1,800mで2回、2,000mで3回と典型的中距離型である。距離短縮がいい形で出ることを祈る。

抑えはルージュバック

本当の意味での抑えとしてルージュバックを指名した。昨年のきさらぎ章までの輝かしい記録はあったものの、相手関係から見てもフロックであった感は否めない。 

2016年 エプソムカップ予想はこちら

◎ロジチャリス
◯ラングレー
フルーキー
△レコンダイト
ルージュバック

三連単6点勝負

■ロジチャリス➡フルーキー➡︎フルーキー
■ロジチャリス➡ラングレー➡︎レコンダイト
■ロジチャリス➡ラングレー➡︎ルージュバック
■ロジチャリス➡フルーキー➡︎フルーキー
■ロジチャリス➡︎フルーキー➡︎レコンダイト
■ロジチャリス➡︎フルーキー➡︎ルージュバック

複勝1点勝負

複勝1.5倍を指標に一点買い ■フルーキー

 

各新聞社の注目馬情報

◆デイリースポーツ

www.daily.co.jp

東スポ

【エプソムC】ショウナンバッハ 調子落ちなし「千八でペースが流れるようなら」

【エプソムC】ルージュバック グッと加速ラスト12・2秒「何とか勝ちたいところ」

スポニチ

www.sponichi.co.jp

www.sponichi.co.jp

◆日刊スポーツ

p.nikkansports.com

◆スポーツ報知

www.hochi.co.jp

サンケイスポーツ

race.sanspo.com

 

ルージュバックの復活を望む記事が多いようだ。