読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 毎日杯 予想

サトノアーサーは本物か?

◎サトノアーサー

◯ガンサリュート

▲クリアザトラック

△トラスト

△キセキ

皐月賞への最後の切符として有名な毎日杯NHKマイルカップへの道としても名高かった。2,000mで施行されていたときには、タイキフォーチュンテイエムオペラオークロフネキングカメハメハなどが勝利しており、1,800mになってからも、ディープスカイダノンシャンティキズナが勝利している。

 

前走まさかの負けを喫したサトノアーサーが、ここで皐月賞へ向けての巻き返しを図る。確かにここで勝利すれば、皐月賞制覇への道は大きく開けるだろうが、いかんせん相手が弱すぎるというのが正直な感想である。

ここで負けようものなら、この馬は話題だけの馬と判断せざるを得ないので、なんとか頑張って欲しい。この時期になると「バケモノ」と呼ばれる馬の、それこそ化けの皮が剥がされてくる時期なので、きっちり勝って次へ進んで行って欲しい。

少頭数でもあるし、馬券的には全く美味しくないレースとなりそうだが、3歳クラシックを盛り上げるためにも、ここは必勝で向かってもらいたいところだ。

それにしても、トラストは鳴り物入りで中央に来たのに、ちっとも勝てずに今年も岡田総帥は適当だなぁ。と思ってしまった。しかし、そこが岡田総帥のいいところ。

もう一頭いた気がしたが、名前すらも忘れてしまった。(コスモスだそうで)

2017年 日経賞 予想

ゴールドアクターディーマジェスティ始動

ゴールドアクター

ディーマジェスティ

▲シャケトラ

レインボーライン

△ミライヘノツバサ

武豊騎手が勝利していないG2レース。このレースを勝った関東馬が、そのまま天皇賞を勝つケースが多い。古くはシンボリルドルフミホシンザンライスシャワーマンハッタンカフェフェノーメノなどがこのレースを勝利してから天皇賞を制覇している。

偏った予想で申し訳ないが、ゴールドアクター以外は全て4歳馬で固めさせてもらった。このメンバーで戦えば、勝つのはこの五頭のどれかだろう。

実績を考えるとゴールドアクターで鉄板かと思っている。とにかく中山で強いこの馬だから、ここもすんなり勝つことが予想される。有馬記念でもサトノダイヤモンドキタサンブラックに次ぐ3着に入ったのだから、衰えはまだ見えない。

対抗はディーマジェスティにしたい。ジャパンカップは負けすぎだったので、距離的な限界も考えたが、腐ってもG1馬ここはきっちり仕上げてきてくれること願っている。

単穴のシャケトラはまだ5戦しか走っていない馬で、ここ一番の上がり馬である。このレースで勝利するようなら、今年中のG1制覇が現実味を増してくるだろう。

抑えの二頭も4歳馬。レインボーライン菊花賞2着、ジャパンカップ6着となかなか勝てていないだが、デムーロマジックも考慮して抑えに指名。ミライヘノツバサも今年に入ってから調子を上げており、期待を込めて指名した。

もう一頭、気になるのはツクバアズマオーである。中山記念では惨敗を喫したが、距離延長でどうなるか。そこに注目している。

2017年 フラワーカップ 予想

桜花賞へ最後の切符

◎ファンディーナ

◯ディーパワンサ

▲シーズララバイ

△モリトシラユリ

△デアレガーロ

2戦2勝のファンディーナからでここは問題ないだろう。新馬戦では圧倒の逃げで9馬身も差をつけ、2走目では3番手から逃げる馬を残り100mのところで差し切った。差してからも物見することなく脚を伸ばしたあたりに競馬のセンスを感じた。後ろから先に抜け出される展開になっても追いすがる根性があるのは、馬にとってかなりプラスになる。

このメンバーなら逃げる可能性もあるが、どちらかというと先に何頭か行かせる競馬の方がこの馬にはあってそうなきがする。

対抗はディーパワンサ。この馬も勝ちきれない競馬が続いているが、前走は相手が悪かったなりに4着に来ているところは評価したい。一番のネックは最近調子が良くない内田騎手が乗ることぐらいだろうか。

単穴や抑えには、本当の意味での穴馬であるシーズララバイとモリトシラユリを入れた。堅い決着にはならないきがするので、1,2着固定の3着人気薄流しあたりで勝負できれば面白い。

2017年 阪神大賞典 予想

グランプリホースは砕けない

サトノダイヤモンド

シュヴァルグラン

▲トーセンバジル

ワンアンドオンリー

△トーシンモンステラ

サトノダイヤモンドは砕けないだろう。ここは鉄板でいいと思う。そして、シュヴァルグランも馬券内は外さない。あとはどの馬が来るか。を予想して見た。

馬券としての本命は、サトノダイヤモンド1着シュヴァルグラン3着で2着を流す形である。

もし、サトノダイヤモンドが負けることがあるとすれば、ワンアンドオンリーぐらいだろう。今回は武騎手が騎乗することで人気も集まる可能性が高いが、現時点でひっくり返せるほどの実力はないと思う。

2017年 フジテレビ賞スプリングステークス 予想

サトノアレスに疑いの目

◎サトノアレス

◯エトルディーニュ

トリコロールブルー

△アウトライアーズ

△ウインブライト

サトノアレスは展開ハマって前走勝利しただけだと思っているので、ここで勝てるとは思っていない。しかし、3着以内には確実に来ると思うので本命とした。

勝利するとしたら、エトルディーニュかトリコロールブルーだろう。デムーロはここで勝利して、7週連続日曜日メイン勝利を達成して欲しいし、それができる馬だと思っている。

基本的に競馬ファンとしては、不当な乗り替わりというのは好きではない。今回四位騎手がサトノアレスから降ろされたのは、ちょっとよくわからない。四位騎手がスワーヴリチャードを選んだという話もあるが、本来はどうだろうか。G1で人気薄を勝利に導いたジョッキーを降ろすようなシステムはあまり好きではないのだ。例えば、オルフェーヴルの池添騎手などもその一例である。フランスでの騎乗経験が少ないという理由でおろされる。もちろん、勝負の世界なので、人情でやっていけないことはわかっているが、チャンスすら与えないというこの世界が少し苦手なのである。なので、馬券的な意味でサトノアレスを本命にしたが、応援はしたくないというのが本音である。

2017年 中日スポーツ賞ファルコンステークス 予想

名前的にアウトな馬がいる

◎ジャッキー

◯ボンセルヴィーソ

▲ナイトバナレット

ラニカイサンデー

△マンカストラップ

アウトな馬は、マンカストラップ。これは狙ってつけたとしか思えないが、通したJRAも考えた馬主もひどいと思った。

コウソクストレートが人気を集めそうだが、ここ2走で惨敗している馬を入れるほど愚かではない。それよりも目下2連勝の馬や人気薄ながらも2回連続で好走している馬を予想に入れた方が良いだろう。

このレースでは1枠にラニカイという名前がつく馬が2頭集まっているが、馬主を見る限り全く関係ない馬のようだ。何かの偶然だろうが、こういう時はどちらかを予想に入れるのが定説。染め分け帽と出走停止には要注意というジンクスは、昔から競馬にはつきものである。

3歳戦線でも短距離は本命不在のレース。ここも大きく荒れる可能性は秘めている。

2017年 報知杯フィリーズレビュー 予想

妥当ソウルスターリング

レーヌミノル

◯アズールムーン

▲ヤマカツグレース

△カラクレナイ

△ベルカプリ

阪神ジュベナイルフィリーズを参考にすると、上位の馬に叶う馬はほぼいないと見ている。桜花賞ソウルスターリングリスグラシューの一騎打ちになりそうな予感がする。そこに割って入ってきそうな馬を考えると、レーヌミノルの1択になりそうだ。オークスになると、また距離の関係上力関係は変わってきそうだが、1600mまでならレーヌミノルで間違い無いと思う。

カラクレナイはデムーロが乗ることで人気を集めそう。騎手の差が出そうなレースでもあるので、予想から外すのは難しい。ヤマカツグレースは昨日金鯱賞を勝利したヤマカツエースの妹。兄弟で同一開催重賞制覇がかかっている。

今年一番残念なニュース

ブレスジャーニーが残念ながら戦線離脱。善臣騎手は本当に運がない。スプリングSで勝利するものなら、一気に世代の主役級だったのに悔やまれる。このことによって、皐月賞は、カデナ、スワーヴリチャード、アメリカズカップあたりを予想に加える予定となった。おそらく一番人気はレイデオロだが、今年1戦もしていないので陣営のローテーションを疑わざる得ない。あと、サトノ系はスプリングSを見てからの判断にしたい。

ちょっとだけ言い訳

2月の後半から忙しくなったおかげで、予想のペースも遅くなっており、結果も書くことができていない。少し落ち着くまで少々お待ちください。