読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生万事塞翁が馬

競馬を楽しむ人の予想ブログ 買い目は◎➡︎◯▲➡︎◯▲△の三連単6点勝負

2017年 大阪杯 予想

今年からG1に昇格したレース

キタサンブラック

サトノクラウン

▲アンビシャス

ヤマカツエース

マルターズアポジー

今年に入ってからの前哨戦を挟まず直行してきたキタサンブラックがどう走るかがポイント。よく叩き3戦目がポイントというが、大阪杯は今まで天皇賞・春の前哨戦として扱われていたレースなので、今回G1に昇格したからといって、急にローテーションを変える必要がなかったのだろう。あえていうなら、このレースは「まだ天皇賞の前哨戦」という扱いに過ぎないということである。

来年以降は変わってくると思うが、今年まではそういう目で見た方が良いだろう。そこまで考えてあえて本命をキタサンブラックにした。有馬記念の競馬は厳しかったと思うが、逃げずとも先行できる脚、ブレない競馬展開さえあれば勝ちきれるメンバーだと考えている。

最大のライバルと見られたマカヒキだが、京都記念では脚が使えずに3着。サトノクラウンに敵わなかったのは仕方ないと思うが、スマートレイヤーにも届かなかったのは痛いし、ミッキーロケットよりも上がりを使えなかったのは厳しく写った。

対抗はサトノクラウンで問題ないだろう。香港ヴァーズの勝ちも見事だったが、京都記念でそれ以上に洗練された感じがする。

単穴はアンビシャス。昨年の覇者である。昨年の大阪杯は2着から6着までがG1馬という豪華な顔ぶれの中で、勝利したのだから、その能力は評価すべきである。

抑えとしては前哨戦をきっちり勝ってきたメンバーを加えた。配当は微妙だが、新設G1からどのようなドラマが生まれるのかを楽しみにしている。

2017年 ダービー卿チャレンジトロフィー 予想

波乱を生むマイル戦

ガリバルディ

◯キャンベルジュニア

ダンツプリウス

マイネルアウラート

△ダイワリベラル

東風ステークスからの馬が強い印象のレースだが、荒れる傾向にもあるレース。安田記念に直結することはなく、ここを踏み台にしていった馬はあまり多くない印象。

古くはサクラバクシンオーや、ブラックホークなどの短距離戦線で活躍したが勝利したこともある。最近だと、ダイワメジャーショウワモダン、モーリスなどもこのレースで勝利している。

今回のメンバーは大したメンバーが揃わなかった。今年は本当に短距離戦線で主役として出てくる馬がいない年である。高松宮記念でもセイウンコウセイが先行から馬場の真ん中を抜け出して、内を走る人気二頭を文字通り蹴散らした。

今年は東風ステークスの勝ち馬が出てこないということもあり、2着のダイワリベラルが人気を集めそうだが、大阪城ステークス3着であったガリバルディを本命とした。

二番手には幕張ステークスの勝ち馬のキャンベルジュニアを推した。キャンベルジュニアは昨年1番人気に推され、8着と奮わなかったが今年は巻き返しがあるかに注目している。

2017年 高松宮記念 予想

こちらも混戦の短距離G1
レッツゴードンキ
レッドファルクス
▲ヒルノデイバロー
トーキングドラム
△ワンスインナムーン

2017年 マーチステークス 予想

混戦のダート重賞
◎コスモカナディアン
◯ピットボス
▲メイショウスミトモ
△ロンドンタウン
△ディアデルレイ

 

2017年 ドバイワールドカップ 予想

日本馬4頭が挑むドバイワールドカップ

アロゲート

アポロケンタッキー

アウォーディー

△ガンランナー

△キーンアイス

アロゲートに死角が見当たらないので、ここは本命で間違い無いだろう。レーティングも134と世界最強馬の名にふさわしいレースを見せてくれることを期待している。

BCクラシックでは、昨年のドバイワールドカップの覇者カリフォルニアクロームとの接戦を制し、最強の名を手にした。逃げ粘るカリフォルニアクロームをゴール前で差す姿が印象的であった。

日本馬からはアポロケンタッキーを有力馬として指名した。ラニは成績不安定。ゴールドドリームは、まだ力不足。アウォーディーはソラを使うので、普通に戦えるのはアポロケンタッキーぐらいだと推測。とはいえアウォーディーにも期待は寄せている。

抑えにはガンランナーとキーンアイスを指名。キーンアイスは3冠馬アメリカンファラオに土をつけたこともある馬である。

2017年 ドバイシーマクラシック 予想

ハイランドリールvsポストポンド

ポストポンド

ハイランドリール

▲プライズマネー

△セブンスヘブン

サウンズオブアース

日本からはサウンズオブアースが参戦。有馬記念で8着に敗れてからの参戦なので、少し不安は残る。少頭数で行われるこの競争だからこそ、きちんと予想して当てたいところ。配当は微妙であるが、サウンズオブアースが人気を吸ってくれれば、高配当も期待はできる。

注目すべきはポストポンドハイランドリールの戦いだろう。両馬ともいくつかG1を勝利している馬だし、ポストポンドに至っては、昨年ドゥラメンテを打ち負かして1着という実績を持っているのだから、その強さは折り紙つきである。

しかし、前哨戦ではプライズマネーがポストポンドに土をつけるという波乱。なので今回はプライズマネーを単穴に指名した。

ハイランドリールは香港にて前走サトノクラウンに敗退。暗雲立ち込める結果となっている。

2017年 ドバイターフ 予想

ドバイミーティングも海外馬券の対象に!

◎ザラック

◯デコレーテッドナイト

▲ドーヴィル

ヴィブロス

△リブチェスター

もともとはドバイデューティーフリーという名前で実施されていたレースである。距離はナドアシルバ競馬場で行われており、今はメイダン競馬場での開催となっている。距離も2,000m→1,800m→1,777m→1,800mと何度か変更されている。

日本からは2007年アドマイヤムーン、2013年ジャスタウェイ、2015年リアルスティールが勝利しているレースなので相性は良いようだ。

2002年にG1になってからは、イギリス馬が4勝、次いで日本馬が3勝という成績を収めている。

今回のレース。実績ではドーヴィルが一枚上手だと思う。しかし、今回の予想では単穴止まりとした。外枠オブライエン厩舎の馬が固まり、どう動くのか気になる。おそらくクーガーマウンテンがラビットとなり、そこに二頭がついていく形になるだろう。その隙をどの馬がつくかを考えるのが面白いのだ。

日本馬はリアルスティールが直前での回避という事態に見舞わられ、ヴィブロスのみが参戦するが、ここでは馬券の対象にはならないだろう。

ドバイは他の競争と違って、ほとんどのレースで日本馬が勝利した経験があるので、馬場は合っているかもしれないが、ヴィブロスでは少し力不足と言わざるを得ない。

中山記念で勝利していたらまた話は変わるのだが、結果が出ていない状態での参戦は無謀と言わざるを得ない。

本命にしたザラックはG1馬ではないものの、前哨戦を使って調整されて来たところを評価した。

馬券を買うなら 12-1 からがオススメ(笑)。